FC2ブログ

「代替・補完」の意味(私見)

今までのトピックでは統合医療は「西洋医学」と「代替補完療法」とがお互いの良いところを
取り入れ、協力し合うことによって成り立つという話を書いてきました。

ここで、「代替補完」という言葉の意味を改めて考えてみたいと思います。
代替補完療法という場合の定義は、人によって幅があります。たとえば、整体や
あんま・マッサージ、カイロプラクティックなどの療法をさす場合もあります。
そういう場合は、肉体に対して一定の効果を示すことが示されており医師でなく
ても施術することが出来ます。医師の指示書があれば保険適応になるものも
一部にあります。

また、ビタミンC大量点滴療法や、自律神経免疫療法などを「代替療法」含める
場合もあるかもしれません。これらの療法は精神疾患や癌などの悪性疾患にも
行われていますが、医師でないと行うことが出来ません。保険診療が認められて
おらず、自費診療になります。

他にも、ホメオパシー、オーラソーマ、アロマセラピーなどの所謂「波動療法
と言われている領域があります。この領域は「代替療法」のなかでも一番議論
の多い分野で、「エビデンス」があるかないかをめぐって「ぐるぐるめぐり」の
論議が続いています。

人によってその定義やとらえ方、含める範囲は異なります。
そのどれが正しくてどれが間違っているということはないと思います。
(ちなみに、この「私は正しい」というのは、実に多くの人の持つ「潜在意識の
思い込み
」です。)



これから書くことは一般的に言われている意味ではなく、あくまで私が思う
意味であると了解の上お読みください。


西洋医学に対応して「代替補完」というからには、西洋医学では出来ない、あるいは
十分に手が届かない不得手な分野を補うという意味です。

では、西洋医学ではどういう部分がそういう分野なのでしょうか?

今まで、何度も「エビデンス」と「ナラティブ」という言葉で説明してきましたが、
西洋医学は「エビデンス」に基づいて行われます。逆に言うと「ナラティブ」な分野が
不得手と考えることが出来ます。

私の考える「「ナラティブ」とは、「エビデンス」によって裏付けられた科学的事実
とはまた別に患者さんの「個人の物語」に対して、受容的・無批判的に
寄り添うということ
です。

もちろん、医療者が臨床の現場で患者さんの「個人の物語」に寄り添うことが出来るのが
一番理想的であると言えますが、私自身の経験からもどうしても、エビデンスに基づいた
治療が優先されます。

外来で患者さんが、自分の状況を詳しく説明してくださる時でも、後ろに何十人もの
患者さんが待っていると思うと、その話を途中で区切り、その患者さんに必要な治療を
きっちりと行うということが最優先とされるのです。限られた時間では致し方がない
ことなのです。
限られた時間で、必要な情報を聞き出し、そして必要な治療を正確に行うということが
求められます。

患者さんの立場からすれば、もっと「自分の言い分を聞いてほしかった」という未消化感
が残る場合もあるかもしれません。そのことは十分に分かりながらも、割り切らないと
いけないという医療現場の現実があります。


そういう西洋医学の現場に、「患者さんの個人の物語に寄り添う」という役割を代替して
補完してくれる療法が、私の考える「代替補完療法」です。

逆にいえば、そういう役割をしてくれるものであれば西洋医学を補ってくれているの
ですから、私から見れば「代替補完療法」なのです。そういう意味で、わたしは
心理学カウンセリングやセラピーを重要視しています。


次回は、では「患者さん個人の物語に寄り添う」ことによってどういうことが起こる
のかということについて書きたいと思います。




病気を治す力

昨日は、医療機関にかかるうえでも、ある程度自分自身で自分の受けている治療や薬に
「自己責任」を持つことが必要ではないか、ということについて書きました。

だからといって、決して医療機関を必要としてはいけないとか、すべて自分で病気を
治さないといけない、ということではありません。やはり、必要な治療や内服はきちんと
受けないといけません。
ただ、自分がどういう治療を受けているのかを知らないままに「医者任せ」にするの
ではなく、きっちりと理解しましょうということです。

ある意味では、賢い「患者力」をつけましょうということですね。(ほんとうは
「患者」と言う言葉は”病人意識”を作りだしてしまうのでよくはないかもしれません)

これは、西洋医学だけではなく代替療法でも同じことです。代替療法の場合は、「病院」
といったものがありませんから、ある程度自分自身で選択しているので西洋医学に対して
ほどではないかもしれませんが、やはり「治したい一心で」依存している場合もある
かもしれません。

西洋医学では「治らない」とされている病気をお持ちで、すがるような気持ちで
代替医療に可能性を見出しておられるかたもおられると思います。そういう方に、
「頼る気持ち」を失くせと言っても残酷に聞こえるかもしれません。

しかし、そういう代替療法で「西洋医学では治らないとされる病気」を治しておられる
方たちは、「何でもいいから治してもらいたい」という気持ちの方はおられないという
のも事実なのです。依存心では本当には病気は治らないのです。



実際に、末期の癌で病院に頼っていたのではだめだという気持ちで、「自分で治して
見せる!」と決心され、いろいろな代替療法を試され、癌が治ったという方がたくさん
おられます。しかし、そういう方たちは「病院で見離されたので、どうかこちらで
治してください」という『意識』の方はおられないのです。

「なにくそ」精神の方が多いです。

たとえ病院で、「余命3ヶ月」を宣告されても、「絶対に自分は3ヶ月で死ぬはずはない。
絶対に自分の力で治してみせる」という強い折れない気持ちをお持ちの方が多いのです。

ですから、確かに代替療法を試されることで「西洋医学では普通は治らない」とされる
病気が治ったのですが、代替医療法自体が効果を示したのか、ご本人の『意識』が治したの
かを分けて考えることが出来ないと思います。恐らくはそのどちらもが共同作業で
治ったのではないかと思います。

ここらへんを、今までの通常の西洋医学的な考え方で捉えると、「エビデンス」が
ないと判断されてしまい、いつまでたっても堂々巡りの議論を繰り返すことにもなる
と思います。
エビデンスとしてははっきりとしたものではないかもしれませんが、患者さんが治った
という事実は何者にも変えがたいほど貴重な事実であると思うのです



決して、根性で病気が治るとかいうことではありませんが、自分自身が本当に自分の
病気を治したいと願い、そのために自分の意識が変わった時にこそ奇跡が起こるという
ことなのです。理屈の世界ではなく、実際に意識が変わった時に、普通では考え
られないような奇跡が起こります。



西洋医学でも代替療法でも、同じ治療を受けていてもその効果は人によってまったく
違う場合があります。この「新薬」はいままでの薬よりも癌によく効くと言われても
100%ではありません。本人にとっては効いたか効かなかったかのどちらかです。
そして、そのどちらになるのかの分岐点に重要なのは、ご本人の意識なのではないかと
思います。
今まではそういう「治療効果」に「本人の意識」が考慮されることはありませんでした。
以前に、二重盲検比較試験についての話を書いたときにも統計学にも盲点があるという
ことを書きましたが、「患者本人がどういう意識で自分の病態をとらえているか」
ということがまったく考慮されていないということも重要な一面だと思っています。

そして、これからは本人が自分自身の病気に対して、もっと積極的な気持ちで
取り組めるように、「エビデンス」ではなく「ナラティブ」で寄り添っていけるような
そして、最終的にはご本人が「自立して」取り組めるようにサポートする体制が
必要なのではないかと思うのです。


私は、「統合医療センター」こそがその役割を果たすことができるのだと思っています。



明日は、もう一度どういう人が病気を治せどういう人が治せないのかについて書いてみたいと
思います。

代替医療の「リスク」

ここ数日間で、「代替療法」は「西洋医学」と同じ尺度で測ることが困難であるという
ことを書いてきました。

非常に極端に単純化して書くと、
代替医療は西洋医学よりも「波動性」の高い領域での治療になるので、
物質的な計測法ではとらえきることが出来ない。
ということかと思います。
目に見えないだけではなく、客観的に計測出来ないということになれば、何を持って
それを証明できるのかということになります。

そこで、「エビデンス」と「ナラティブ」という切り口から見てみると、証明
出来なくても、患者さんの「個人の物語」に寄り添うことは西洋医学よりも
「代替医療」のほうが得意分野であるという話をしました。
代替医療は「エビデンス」よりも「ナラティブ」のほうに親和性があるという
風にいうことが出来るかと思います。



しかし、ここでやはり問題が出てきます。
「ナラティブ」というきり口から見れば、
「代替医療」を「証明」できないと医療現場に取り入れることは出来ない
という呪縛からは解き放たれるかもしれませんが、それでも、何を持って評価
するかという問題が残ります。

もっと直接的に言うと、
「いかさま」をどのようにして排除し、サービスの質を維持するか
ということです。

「霊感商法」は極端な例としても、そのような要因が入り込みやすいという
「リスク」があるということです。
一部の「代替療法」は国家資格が設定されており、保険病名をつけることで
保険診療の適応にもなっています。そのような種類であれば「資格があるかないか」
というふうに「視覚化」できるので、分かりやすいと思います。
もちろん、だからといってその質まで保証されたことにはならないのですが、一応の
目安にはなります。

しかし、それ以外の代替療法については「質の保証」という点で大きなハードルが
あるのです。


悪意を持って「いかさま」をしようとすれば、そのような悪意が入り込む余地が
あるということです。
しかしだからと言って、すべての代替療法を否定するのは間違いであると思います。
西洋医学でもそのような「悪意」が入り込む余地は0%ではありません。国家資格や
保険の審査・査定で「安全性が保証」されているから、みんな信用して利用できる
だけなのです。

「ナラティブ」という文脈から見れば、いかさまであろうとなかろうと、本人が気に
いて「有効だ」と思っているのであればいいのではないか、という理屈も成立すると
思います。しかし、より多くの一般の人に受け入れられるようになるためには、避けて
は通れない問題ではないでしょうか。


どのようにすれば、代替医療の「質の保証」が出来るのかという答えは、簡単には
出ないかもしれませんが、とても大切な問題であると思います。この問題をクリアー
出来れば、一般の人に対しても「代替医療」が「安心な方法」として受け入れられる
可能性が高まると思います。

私は、その意味で「統合医療のセンター」の設立は重要であると思っています。




情報としての「薬理効果」

このトピックは「西洋医学とホメオパシー」からの続きです。さきにそちらを
お読みください。



昨日は、「ホメオパシー」という代替医療の作用機序について触れました。
そして、今の西洋医学の「薬理効果」とは根本的に相容れない独自の『法則』を
持つと言うことを書きました。

では、今の西洋医学の「薬理効果」とはどういうものかを、『情報伝達』という立場
から少し考えて見ましょう。もちろん、私自身は「情報システム」とかいうこと
には全くの素人ですし、あくまで私が考えた「仮説」であるということを念頭に
おいてお読みください。


例えば、降圧剤の場合、内服することでいろいろな作用機序で血圧を下げるという
「薬理効果」を発揮します。(作用機序は降圧剤の種類によりいろいろと変わります)

これを
①降圧剤が「血圧を下げる」という情報を身体に伝達する
②身体は降圧剤から「血圧を下げる」という情報を受け取る(インプット)
③情報を受け取った身体は、それを身体内の関係する各細胞に伝達する。
④身体の細胞がそれに「反応」して、血圧が下がると言う結果(アウトプット)が生じる

というステップで起こる一つの「システム」であると仮定してみましょう。このとき、
情報は、薬という「粒子=物質」を介して伝達されると言うことが出来ます。

つまり、現代の西洋医学では治療という「情報伝達」はすべて、「粒子=物質」を介して
行われるという大前提で成り立っていると言ってもいいと思います。

しかし、現代物理学の最先端である「量子物理学」の世界では、「量子」というものは
「粒子=物質」であると同時に「波(動)=エネルギー」であると言うことが分かって
います。もちろん、量子物理学はあくまで「ミクロ」の世界で通用する論理であって、
それがそのまますべてマクロの世界で通用するかどうかは、安易に決定することは
出来ません。

ただ、ひとつの『仮定』として、ミクロの世界で言われているこの「量子」というものをこの
情報伝達システムにも(部分的にでも)適応できると考えてみましょう。

そうすると、情報を伝達することの出来る「媒体」は粒子だけではなく「波(動)」もである
ということになります。つまり、量子的な立場から見ると、いくつかの「仮定」のもとでは
粒子と波(動)が、「薬理効果」という情報を身体に伝達できる可能性があると言うことに
なるのです。

「粒子」のみが「薬理効果」という情報伝達をすることが出来るという「パラダイム」で
捉える限り、ホメオパシーの効果については説明することは出来ません。しかし、すこし
考え方の可能性を広めて、実態はまだ十分に解明されてはいないけれど「波動」としての
「情報」によって、ホメオパシーの薬理効果が伝達される可能性については私たちは考慮し、
今後検証していくことは無意味ではないと思います。

そして、この「波動という媒体も情報を伝達することが出来る」という『作業仮説』のもと
では、今までは「オカルト」として片付けられてきたいろいろな「代替療法」が実に説得力の
ある治療法として生き返ってくるのです。
これからの21世紀の医学、科学はこの『作業仮説』が果たして本当なのかどうかを検証して
いくことで開けてくるような気がしています。


こうして考えていくと、現代医学や現代科学は、まだまだ『進化の過程』であり、絶対的なもの
ではないということが分かります。そんなに遠くない将来に思いもよらない「パラダイム」の
シフトが起こる可能性がないとは言えませんね。
今までは「常識」であると思われていたことが、「ある条件」のもとでしか通用しないという
ことが明らかになって、もっと広い立場から見ると「非常識」になる可能性があると言う
ことです。
だって、天動説ー地動説の例をとるまでもなくそれが科学の発展の歴史そのものです。
そんな風に考えると胸がドキドキとしてきますね?

本当の科学と言うものは、そういった将来の可能性に心を開いていると言うことなのかも
知れません。

西洋医学と「ホメオパシー」

代替療法の治療法の中に「ホメオパシー」というものがあります。

それについては、以前にも書いたことがありますが、
http://koniy.blog104.fc2.com/blog-entry-41.html

レメディーと言われる、小さな粒を舌下することによっていろいろな効果が
あると言う療法で、見た目はそれほど違和感がある感じがしません。なにしろ
西洋医学で言う「薬」を飲む感覚とそれほど違わないからです。

しかし、西洋医学は絶対にこの「ホメオパシー」を認めるわけにはいかない
理由があるんです。

それは、 ホメオパシーには
「希釈すれば希釈するほど、その効果が増強される」
という法則があるからです。

「ワクチンのようなもので、薄めて使うことにより副作用を起こすことなく免疫力を
強めて、身体側の自然治癒力を高める」と言って無難に過ごすことも出来ますが、
その本当の持つパワーはそれどころではないのです。

「希釈すればするほど」ということは、極端な話その溶液の中に『薬』の分子が一粒も
含まれないくらいに希釈しても効くと言うことです。いや、そのほうが作用が強いと
いうのですから、穏やかではありません。


西洋医学で言う、「薬理効果」というのは、溶質の中に溶けている『薬』の分子が
多いほど強くなると言うのが私たち医者の持つ常識です。それをホメオパシーは真っ向
から違う「論理」を持つわけですね。だから、おいそれと簡単に追従するわけには
行かないのです。


これが、統合医療と言われながらも、西洋医学の中になかなかホメオパシーが浸透して
来ない理由であると思います。では、この二つの論理は永遠に「統合」することは
不可能なのでしょうか?


ぼくは、そうは思いません。その理由については明日にまた書かせていただきたいと思います。

プロフィール

小西 康弘

Author:小西 康弘
京都大学医学部卒業。天理よろづ相談所病院などで内科全般を研修し、消化器内科を専門とする。内科専門医。

内科医として約20年病院勤務をしてきましたが、西洋医学の範疇だけでは、とても患者さんの肉体的問題に対して対応できないとその限界を痛感しています。
肉体的な問題の奥底には心理的、精神的な問題が隠れていることが少なくありません。表面に出てくる肉体的な問題は原因ではなく結果で在る事が多いのです。
トランスパーソナル心理学の各手法や、ヒーリング方を勉強中。
シーターヒーリング・プラクティショナー

このブログでは西洋医学だけでなく代替医療やその他の補完療法についての私の考え方や、いろいろな情報を書いていきたいと思います。


ツイッターでもつぶやいています。下のボタンをクリックして下さい。

個人セッションのお申込みはコチラ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

全記事表示リンク

ブログランキングにご協力ください

リンク

Copyright © 小西 康弘