スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「代替・補完」の意味(私見)

今までのトピックでは統合医療は「西洋医学」と「代替補完療法」とがお互いの良いところを
取り入れ、協力し合うことによって成り立つという話を書いてきました。

ここで、「代替補完」という言葉の意味を改めて考えてみたいと思います。
代替補完療法という場合の定義は、人によって幅があります。たとえば、整体や
あんま・マッサージ、カイロプラクティックなどの療法をさす場合もあります。
そういう場合は、肉体に対して一定の効果を示すことが示されており医師でなく
ても施術することが出来ます。医師の指示書があれば保険適応になるものも
一部にあります。

また、ビタミンC大量点滴療法や、自律神経免疫療法などを「代替療法」含める
場合もあるかもしれません。これらの療法は精神疾患や癌などの悪性疾患にも
行われていますが、医師でないと行うことが出来ません。保険診療が認められて
おらず、自費診療になります。

他にも、ホメオパシー、オーラソーマ、アロマセラピーなどの所謂「波動療法
と言われている領域があります。この領域は「代替療法」のなかでも一番議論
の多い分野で、「エビデンス」があるかないかをめぐって「ぐるぐるめぐり」の
論議が続いています。

人によってその定義やとらえ方、含める範囲は異なります。
そのどれが正しくてどれが間違っているということはないと思います。
(ちなみに、この「私は正しい」というのは、実に多くの人の持つ「潜在意識の
思い込み
」です。)



これから書くことは一般的に言われている意味ではなく、あくまで私が思う
意味であると了解の上お読みください。


西洋医学に対応して「代替補完」というからには、西洋医学では出来ない、あるいは
十分に手が届かない不得手な分野を補うという意味です。

では、西洋医学ではどういう部分がそういう分野なのでしょうか?

今まで、何度も「エビデンス」と「ナラティブ」という言葉で説明してきましたが、
西洋医学は「エビデンス」に基づいて行われます。逆に言うと「ナラティブ」な分野が
不得手と考えることが出来ます。

私の考える「「ナラティブ」とは、「エビデンス」によって裏付けられた科学的事実
とはまた別に患者さんの「個人の物語」に対して、受容的・無批判的に
寄り添うということ
です。

もちろん、医療者が臨床の現場で患者さんの「個人の物語」に寄り添うことが出来るのが
一番理想的であると言えますが、私自身の経験からもどうしても、エビデンスに基づいた
治療が優先されます。

外来で患者さんが、自分の状況を詳しく説明してくださる時でも、後ろに何十人もの
患者さんが待っていると思うと、その話を途中で区切り、その患者さんに必要な治療を
きっちりと行うということが最優先とされるのです。限られた時間では致し方がない
ことなのです。
限られた時間で、必要な情報を聞き出し、そして必要な治療を正確に行うということが
求められます。

患者さんの立場からすれば、もっと「自分の言い分を聞いてほしかった」という未消化感
が残る場合もあるかもしれません。そのことは十分に分かりながらも、割り切らないと
いけないという医療現場の現実があります。


そういう西洋医学の現場に、「患者さんの個人の物語に寄り添う」という役割を代替して
補完してくれる療法が、私の考える「代替補完療法」です。

逆にいえば、そういう役割をしてくれるものであれば西洋医学を補ってくれているの
ですから、私から見れば「代替補完療法」なのです。そういう意味で、わたしは
心理学カウンセリングやセラピーを重要視しています。


次回は、では「患者さん個人の物語に寄り添う」ことによってどういうことが起こる
のかということについて書きたいと思います。



スポンサーサイト

Comment

2010.05.27 Thu 12:47  |  すばらしい

こんにちは
お忙しいでしょうに、実にわかりやすく、読みやすい文章で表現なさって 本当に素晴らしいと思います。

持っておられる知識量の豊富さに、さすがと思うばかりです。

わかりやすく書いてくださって、ありがとうございます。

2010.05.27 Thu 19:13  |  

かぜさん、こちらのほうにも書き込みありがとうございます。

まあ、本人は楽しいからやってるだけ、みたいな感覚です。
いろいろこんな文章を書いていくことが好きなんでしょうね。

これからも応援よろしくお願いします。

  • #KB5hZkYI
  • 小西康弘
  • URL
  • Edit
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://koniy.blog104.fc2.com/tb.php/92-c695b415
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

小西 康弘

Author:小西 康弘
京都大学医学部卒業。天理よろづ相談所病院などで内科全般を研修し、消化器内科を専門とする。内科専門医。

内科医として約20年病院勤務をしてきましたが、西洋医学の範疇だけでは、とても患者さんの肉体的問題に対して対応できないとその限界を痛感しています。
肉体的な問題の奥底には心理的、精神的な問題が隠れていることが少なくありません。表面に出てくる肉体的な問題は原因ではなく結果で在る事が多いのです。
トランスパーソナル心理学の各手法や、ヒーリング方を勉強中。
シーターヒーリング・プラクティショナー

このブログでは西洋医学だけでなく代替医療やその他の補完療法についての私の考え方や、いろいろな情報を書いていきたいと思います。


ツイッターでもつぶやいています。下のボタンをクリックして下さい。

個人セッションのお申込みはコチラ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

全記事表示リンク

ブログランキングにご協力ください

リンク

Copyright © 小西 康弘
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。