スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命を見つめる時間

先日、あるセラピストの方とお話していた時の話です。ご本人さんの許可を得て書かせていただいています。


その方は、若いころに大病をされ、身体も病弱であったということですが、いろいろなヒーリングやセラピーを学ばれ、いろいろな代替医療も勉強されてきた方です。そしていまではとっても健康で、お話をしているだけでもとても心が癒される優しい雰囲気をお持ちの方です。

そのかたが、「実は、」とお話しして下さったのですが、数年来「胆石発作」があり、食べ物も思うように食べれない状態が続いていたということなのです。私がその方に出会ったのは3年ほど前ですが、当時いろいろと食べ物を制限されていたことが思い出されました。

当初は、その「胆石発作」もヒーリングやいろいろな代替療法で治そうと一所懸命になっておられたのですが、それが今回、決心して胆嚢摘除の手術を受けられたということでした。

「今までは、私のこの胆石もヒーリングなどで治さなければいけないというような気持ちがありました。それが、いろいろと学んでいくうちに私自身の心境に変化があって、そんなことにこだわらなくっても良いんじゃないかと言う気持ちになってきたのです」

担当の外科医の先生がとても信頼できる先生であったこともあり、手術を受けることを決心されました。生まれて初めての全身麻酔であったということです。現在では胆嚢の切除術は腹腔鏡というもので行われ、おなかに数か所の小さい切開で行うことが出来ます。術後の回復も早く、1週間で退院されたということでした。


そして、退院されてからはそれまで悩まされていた腹痛もなく、なんでも食べれるようになってきたと、笑顔で話されていました。心もちほっぺたもふっくらされたように感じました。

「自分なりにいろいろと勉強することで、自分の中のいろいろな『こだわり』がなくなっていき、今回納得できた形で手術を受けることが出来ました。今では食べるものすべてが美味しく感じられ、本当に手術をして下さった先生に感謝の気持ちです。」


ぼくも、笑顔で話されるその方をみて、本当に嬉しく思いました。もちろん、西洋医学では治せない病気もたくさんあることは事実で、私たちは謙虚さを失ってはいけないとは思いますが、その一方で、西洋医学は多大な貢献もしていることは素直に認めても良いように思います。

「西洋医学ではなく、ヒーリングで治さなければいけない」というのも思いこみです。「西洋医学以外は、価値がない」というのと同じ思い込みでしかないのです。


一緒においしい食事をいただいた後で、とてもいいお話を聞かせていただいたと感謝のメールを送った時にいただいた返事にこうありました。


今日はありがとうございました。
短い入院でしたが、自分のいのちを見つめる時間となりました。手術をして胆嚢さんがなくなっても私のいのちや存在に何の変わりもないことを感じ、これまで頑張ってくれた胆嚢さんに感謝しました。
また医師やナースが真剣に最善を尽くして仕事をしていることがよくわかりました。外科医なのに6年も私を診てくださった先生に感謝しています。
日本の医療技術の素晴らしさも再認識しました。
代替医療、ヒーリングにも素晴らしい点があり、お互いに良さを生かして、人間本来の力、生命力を中心により良い医療が創造されるといいなと思います。


スポンサーサイト

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://koniy.blog104.fc2.com/tb.php/170-bb7f4aa9
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

小西 康弘

Author:小西 康弘
京都大学医学部卒業。天理よろづ相談所病院などで内科全般を研修し、消化器内科を専門とする。内科専門医。

内科医として約20年病院勤務をしてきましたが、西洋医学の範疇だけでは、とても患者さんの肉体的問題に対して対応できないとその限界を痛感しています。
肉体的な問題の奥底には心理的、精神的な問題が隠れていることが少なくありません。表面に出てくる肉体的な問題は原因ではなく結果で在る事が多いのです。
トランスパーソナル心理学の各手法や、ヒーリング方を勉強中。
シーターヒーリング・プラクティショナー

このブログでは西洋医学だけでなく代替医療やその他の補完療法についての私の考え方や、いろいろな情報を書いていきたいと思います。


ツイッターでもつぶやいています。下のボタンをクリックして下さい。

個人セッションのお申込みはコチラ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

全記事表示リンク

ブログランキングにご協力ください

リンク

Copyright © 小西 康弘
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。