スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhoneで頭を空っぽにする

3ヶ月ほど前に、iPhoneに換えたときには、それほど使いこなせるとは思っていませんでした。実際、最初の1ヶ月ほどはアプリもほとんど入っていない状態で家族との連絡に使う程度で、「予想通り」という感じでした。

それが、コンビニの雑誌コーナーでiPhoneのアプリを特集した記事を目にし、なんとなく購入しました。そこで「Evernote」というアプリのことをはじめて知ったのです。

「Evernote」というのは、その世界ではとても有名なアプリです。iPhoneからあらゆるデーター(文字入力だけではなく、画像や音声まで)をデジタルで保存できます。そして、それだけではなくパソコンにも同じアプリ(ソフトと言うべきか)をインストールするだけで、「同期」させることができるのです。
そして、「同期」させると、iPhoneで取り込んだデーターがパソコンやiPadでも同時に見ることが出来るようになるのです。
もちろん、パソコンの中に溜まった文章やデーターをPDFファイルとして保存すれば、iPhoneやいPadなどの末端機器で見ることが出来るようになります。また、対応した別のアプリをインストールすると、手書き文章まで取り込むことが出来ます。


そして、「Evernote]のもっと凄いところは、取り込んだデーターを「全文検索」出来るようになるということです。



つまり、今まであちらこちらに保存していたいろいろな文章やデーターを、デジタルデーターとして「Evernote」に取り込むことで、「あの文章はどこに書いてあったかな?」と言うことがなくなるのです。もちろん、今まで紙媒体で保存していた文章をデジタルデーターにするためにはスキャナーで取り込むことが必要なので、すぐにとは行きませんが、これから先に発生する印刷物は、印刷する変わりにPDFファイルとして保存してEvernoteに保存すると、iPadなどでいつでもどこでも見ることが出来ると言うわけです。

つまりは「Evernote」を使いこなすと、今まで頭の中や書架やパソコンの中にばらばらに「保存」されていた、さまざまなデーターを一括管理できる可能性が出てくると言うことです。特に、「あれはどこにあった?」問題が解決すると言うことです。とにかくすべてのデーターを「Evernote」にほり込んでおけば、資料を持ち歩かなくてもいつでも検索して取り出すことが出来るわけです。

最近の私のお気に入りは「DocScanner」というスキャニングアプリです。これは、知り合いの先生から教えてもらったのですが、iPhoneで撮影した画像を画像データーやPDFファイルとして保存できます。私は、本を読んでいて「この文章は残しておきたい」と思ったページを、このアプリでスキャニングして保存しています。今までは、ラインマーカーを引いていたのですが、これでは後で読み返そうと思ってもどこだったか分からなくなります。

このアプリでは複数ページをPDFファイルとして保存できるので、たとえば一冊の本の「お気に入り文章」をひとつのファイルとして保存できます。私などは、複数の本を同時並行で読むことが多いので、この機能はとても便利です。一冊の本ごとに別のファイルとしてまとめることが出来るのです。
そして、一冊の本を読み終わった時に、その「お気に入り文章」をスキャニングしたファイルを「Evernote」に保存すると言うわけです。


こうして、今までであれば頭の中に、雑然として残っていた「記憶」をきっちりと「データーベース」という形で「Evernote」と言う『外部脳』に保存することで、どんどん頭の中の「棚卸」ができるわけです。


そして、最近もっと画期的なアプリを発見しました。それは「Nozbe」というアプリです。これはデビット・アレンという人の「GTD(Getting Things Done)」という手法を、iPhone で実現できるアプリです。このアプリのことは、「iPhone×iPad クリエイティブ仕事術」という本を読んでいて知りました。最初は、いったい何をしたいのか分からなくてぴんと来なかったのですが、読み返しているうちに、これは実はとっても画期的なことだと気がついたのです。

「GTD」というのは、ひとことで言うと、頭の中に溜まっている「あれをまだやっていない」とか「いつまでにあれをしないといけない」といったいろいろな「未処理の案件」を、さっき言った「外部脳」に空けかえるということです。そして、それをすべて書き出してある一定の手法に沿って効率的に処理していくというものです。


アレン氏によると、私たちが本当の意味での「創造的な仕事を効率的に」行うことを邪魔しているのは、実は自分の頭の中に未処理のままに残っている案件だと言うのです。ある作業に集中してようとしているときに、それを邪魔するのは頭の中によぎる、「そうだ、まだあの案件をやっていない」と言った思考だというわけです。

試しにと思って、「Nozbe」を私のiPhone にインストールし、頭の中に雑然と残っていた「未処理の案件」を全部吐き出してみると、なんとも頭の中がすっきりしたではないですか。いかに今まで、「あのことを忘れないように覚えていなければいけない」という非創造的思考が、いかに創造的な思考を邪魔していたのかと言うことがわかります。


これらのアプリを使いこなして、どんどん頭の中に雑然と残っている、「頭の中に残しておかなくても良いメモリー」を解放して、外部脳に移し変えることによって、頭の中のスペースがどんどんと拡がるのを実感しています。

あれこれと浮かんできた、「未処理案件」はすぐに「Nozbe」に、そして、ふっと浮かんできた「創造的なアイデア」はすぐに「Evernote」に出力することで、フリーになった頭脳は活力を増すように思っている今日この頃です。
スポンサーサイト

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://koniy.blog104.fc2.com/tb.php/165-9a31d08a
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

小西 康弘

Author:小西 康弘
京都大学医学部卒業。天理よろづ相談所病院などで内科全般を研修し、消化器内科を専門とする。内科専門医。

内科医として約20年病院勤務をしてきましたが、西洋医学の範疇だけでは、とても患者さんの肉体的問題に対して対応できないとその限界を痛感しています。
肉体的な問題の奥底には心理的、精神的な問題が隠れていることが少なくありません。表面に出てくる肉体的な問題は原因ではなく結果で在る事が多いのです。
トランスパーソナル心理学の各手法や、ヒーリング方を勉強中。
シーターヒーリング・プラクティショナー

このブログでは西洋医学だけでなく代替医療やその他の補完療法についての私の考え方や、いろいろな情報を書いていきたいと思います。


ツイッターでもつぶやいています。下のボタンをクリックして下さい。

個人セッションのお申込みはコチラ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

全記事表示リンク

ブログランキングにご協力ください

リンク

Copyright © 小西 康弘
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。