スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マインドフルネスで経験したこと

前回はアイソレーションタンクに入った経験と、「マインドフルネス」の状態には似ている面があるという事を書きました。
つまり、「外からの情報」を一時的に「遮断」することで、普段私たちがあまり注意を払わない「内からの情報」(潜在意識からの情報と言い換えてもいいかもしれません)に対するアンテナの感度を高めようということだと思います。

日常生活ではどうしても外からの情報に注意を払い、情報を処理する事に集中しなければいけません。ですから、「内からの情報」に対するアンテナを高めるためには、ある程度特殊な『環境』を自分で作り出してやらなければいけないのです。

通常では「アイソレーションタンク」などの環境は早々あるものではありませんが、マインドフルネスなら、静かな場所であればいつでも自分で行う事が出来ます。(慣れてくれば静かでなくてもどこででも可能です。)

まず、静かな場所で目を瞑り、自分の『呼吸』に意識を集中させていきます。吸う息と吐く息、そして、その呼吸の切れ変わる瞬間にも意識を集中していきます。吸う息が鼻の内腔から気道を通って肺に入り、そして吐く息では肺から気道を通って鼻の内腔から出て行くところを意識します。
私たちは普段無意識に呼吸をしており、とても浅い呼吸になっています。それを呼吸を意識して大きく吸い、大きく吐くということを繰り返します。
最初はいろいろな「思考」(いわゆる雑念)が頭をよぎるかもしれません。そして、呼吸に意識を集中すると言う単純なことでさえ私たちはなれていないということに気づきます。それでも、無理に雑念を無くさなくてはいけないと思うのではなく、ただ深呼吸に意識を集中するということを続けているうちに、だんだんと「思考の声」が小さくなり始めます。


そして、気持ちが落ち着いたと思ったら自分の身体の気になる部分に意識の集中を移動させるのです。


私があるワークで経験したことを書きます。
私はとても肩こりがひどいので、マインドフルネスになった後で両肩に意識を集中していきました。しかし、そのときには両肩はぜんぜんこった感じがしませんでした。その代わり、右の肩関節の辺りが握りつぶされるように痛み始めたのです。そこで、右の肩関節にじっと意識を集中させていきました。

すると、右の後ろから誰かに肩をつかまれて「危険だから行っちゃだめ」と言われているような「感覚」が起こってきました。
この時に起こってきた「感覚」はとても大切なもので、「気のせいだ」とか「そんなはずはない」とか判断してはいけないのです。この判断は「思考」の産物であり、ここで起こってきた「感覚」は普段この「思考」で押さえつけられてきた「身体の深い部分からの声」であるからです。マインドフルネスという状態になることで、この蓋がとれて「感覚」が浮かび上がってきたと言うことです。

そこで、次にアシスタントの人に実際に右の後ろから右腕と肩を引っ張ってもらうことにしました。最初に起こってきた「感覚」は、ともすればまた消え去ってしまいかねないとても弱い声ですが、こうしてアシスタントに協力してもらってそれを強めることで違った感覚に変化することがあります。

私の場合、アシスタントの人に右腕を引っ張られたときによみがえってきたのは、母親代わりに私を幼いころに育ててくれた祖母の姿でした。私の家は自営業をしていて両親はずっと店に出ていたので、小さいころ母親に接したと言う記憶があまりなく、祖母が実質的な「育ての親」だったのです。その祖母が私のことを心配して、一所懸命右腕をつかんで前に進ませないようにしている「感覚」がはっきりと感じられるようになって来ました。

そのとき、祖母がいかに自分のことを愛してくれていたか、いかに心配してくれていたかが思い出されてきて思わず涙が頬を伝いました。
そして、そのとき瞬間的にこの肩の痛みの原因が腑に落ちたのです。

そのあといろいろな展開があった後で、セラピストの人から祖母の代わりになって「もう行っても大丈夫だよ」と声をかけてもらったときに、こらえ切れないくらいの「嗚咽」といってもいいような感情がこみ上げてきたのです。

それは、「自分は祖母から本当に愛されていたのだ」

という感謝の気持ちでした。

私は統合医療というものをこの日本で実現したいと思って今活動していますが、私の潜在意識の中には30年以上も前に亡くなった祖母がいて、どうなるかわからないことをしようとしている私のことを心配していたのです。

不思議なことに、そのワークが終わったあとから私の右肩の痛みはすっきりとなくなってしまいました。



このような「現象」を科学的に説明できるかと問われれば、現時点では出来ないと思います。科学的かと聞かれれば、科学的ではないでしょう。非科学的だと言ってもいいと思います。でも、実際にこのような「プロセス」を体験することで私の右肩の痛みが無くなったというのは事実なのです。

普通の病院にいけば、「肩関節周囲炎(いわゆる五〇肩)」と診断され、鎮痛剤を処方されるのだと思います。「対症療法」なのです。決してそれが悪いということではありませんが、まったく別のアプローチの仕方があるのだということは私たち西洋医学の医療者も知っておいていいことだと思っています。




身体症状に「宇宙の声」を聴く―癒しのプロセスワーク (アーノルド ミンデル)




スポンサーサイト

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://koniy.blog104.fc2.com/tb.php/160-14d14093
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

小西 康弘

Author:小西 康弘
京都大学医学部卒業。天理よろづ相談所病院などで内科全般を研修し、消化器内科を専門とする。内科専門医。

内科医として約20年病院勤務をしてきましたが、西洋医学の範疇だけでは、とても患者さんの肉体的問題に対して対応できないとその限界を痛感しています。
肉体的な問題の奥底には心理的、精神的な問題が隠れていることが少なくありません。表面に出てくる肉体的な問題は原因ではなく結果で在る事が多いのです。
トランスパーソナル心理学の各手法や、ヒーリング方を勉強中。
シーターヒーリング・プラクティショナー

このブログでは西洋医学だけでなく代替医療やその他の補完療法についての私の考え方や、いろいろな情報を書いていきたいと思います。


ツイッターでもつぶやいています。下のボタンをクリックして下さい。

個人セッションのお申込みはコチラ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

全記事表示リンク

ブログランキングにご協力ください

リンク

Copyright © 小西 康弘
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。