スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魂のワクワクする道


24-5日と二日間、札幌の方のお招きで、岡部明美さんと一緒に講演会と
ワークショップをさせていただくことが出来ました。
24日の講演では、私は「潜在意識の構造」について話をさせていただき、
潜在意識にあるいろいろな思い込みをクリアーにすることで、現実が変わって
生きることが楽になるというお話を。続いて岡部明美さんが、「自分の魂が本当に
望んでいることを見つけるための7つのヒント」といった内容でお話をされました。

潜在意識の中には、このブログでも触れてきたようにいろいろな「思い込み」が
あって、「魂の望んでいる道」に進むことを阻みます。自分が本当に進みたいと
思っている道を見つけ進むためには、最初にある程度の「潜在意識のお掃除」を
することはどうしても必要になってきます。
潜在意識にいろいろな思考や「思い込み」が目詰まりしている状態ではその奥にある、
「魂の声」を本当に聞くことは出来ないからです。

しかし、いつまでも「お掃除」ばかりしていても「魂の望んでいる道」に進むこと
はできません。ある程度「お掃除」がすんだら、「7つのヒント」をもとに、それを
見つけ歩み出すことが大切なのです。
「潜在意識のお掃除」はあくまで手段であって、それ自体が目標ではないからです。

岡部さんの話された「7つのヒント」の中でも私が聞いていて一番心に残ったのは、
「自分が『違和感』を感じる事の中に、魂が求めている本当の道がある」
ということでした。
私自身、統合医療を実現できる場所を創りたいと思ったのも、今の「西洋医学」や
「現代医療」に対する『違和感』がもとにあるのです。肉体だけを対象にして、
その肉体に起こっている「事象」の根本原因には敢えて目を塞いでいるとしか
思えなかったからです。この『違和感』は、すべての医療者が感じるというもので
はないでしょう。むしろ、そういう『違和感』を感じる人の方が少ないのだと思い
ます。
そして、この『違和感』を感じているということこそが、私自身が進む道を
見つけるのに大きなヒントになっているということです。

この話を聞いて、「自分が進もうとしている『統合医療』の道は決して間違って
いないのだ」ということを改めて確信しました。


そして、2日目のワークショップでは20人弱の人が集まって、自分の内面を
見つめるいろいろなワークを行いました。そのなかで、一番印象的だったのは、
今回のワークショップでは看護師さんや元教師、学校の保健の先生などの参加が
多かったことです。
医療や教育の現場で人とかかわる仕事をしながら、みんな今の自分の仕事の
あり方に疑問を抱いておられる方が多かったということです。
上に書いた「今の仕事のあり方に対する『違和感』を持っている」ということ
ですね。

そして、これらの仕事に従事する中で、もっと患者さんや生徒たちと心の部分で
関わりたいという「心の中の叫び」を持ちながら、現状がそれを許さないという
矛盾に悩んでおられる方が多かったのです。

医療現場は、極端にいえば「エビデンス」というベルトコンベアーに載せられて、
大量生産的に次々と患者さんを見ていかないと許されないような現状にあります。
一人ひとりの「個人の物語」に関わることはよほどの強い意志がないと難しいのが
現状です。
教育現場も同じです。「エビデンス」というベルトコンベアの代わりに「他人の
評価」というベルトコンベアかもしれません。
不登校や校内暴力などの問題は、とにかく生徒を評価しないといけないという
流れの中で、個人個人の「心の問題」をおざなりにしてきた結果なのではないかと
思いました。
しかし、現場の先生は山積する仕事に埋まって、関わりたいと思っても本当に
一人一人の生徒の「個人の物語」に関わることが出来ないのでしょう。

誰も誰かを批判できない、それでいてなんとかしないと大変なことになるという
意味では医療現場も教育現場もとても似ていると思いました。


そういう矛盾だらけの「現場」で悩み、違和感を感じておられる方の参加は私に
とってはとても印象深いものでした。

現場に違和感を感じて、なんとか現場を変えていきたいと思っている人は、
違和感を感じていない人たちよりも孤立し、疎外感を感じ傷ついているのです。


そういった人たちが、自分自身の内面への旅を始め、心の中が癒されて行く
ことで、始めて自分の接する患者さんや生徒に対して愛を持って接することが
出来るようになるのです。
自分の心の中に「傷」を持ったままでは、人に対して本当の意味で優しくする
ことは不可能なのですから。



「現場に違和感を感じている人が、本当に自分の魂がわくわくとする道を
見つけることに対するお手伝いをしたい。そのために、自分のできることは
なんでもやろう」
帰りの飛行機の中で、そういう気持ちが湧き起ってくるのを抑える事が
出来ませんでした。
私自身のこれからの方向性が、見えてきた様な気がしています。


統合医療の「センター」はそのためになければいけないのだと思っています。

ブログランキングにエントリーして
います。下の「ブログランキング」の
ボタンを一日一クリックにご協力
お願いします。



スポンサーサイト

Comment

2010.07.26 Mon 21:50  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • #

2010.07.27 Tue 09:36  |  

こんにちは

講演会ありがとうございました。

私もあけみちゃんのお話の中の「違和感」というのがキーワードだと感じていました。

考えてみたら、今まで、いろんなことをしてきたけれど、

「違和感」を感じて、手放したものたくさんあったなあって、

そして、今度はこれだ!って思って取り組んでもまた違和感。

今もちょっとした違和感をかかえています。

でもそれが、なんかヒントになりそうな感覚です。

違和感があることに、抵抗があったりしましたが、違和感を信じること

それを感じた自分を信頼することだなあって、思いました。

今日、このブログを読んでよかったです。

  • #-
  • くみちゃん。
  • URL

2010.07.27 Tue 11:25  |  

久しぶりに読ませていただきました。
私はエネルギー療法や食事療法などを取り入れた統合医療にずっと関わり、最近、世の中の統合医療を勉強しようと、それでこちらにもめぐり合い、先生が書かれることに時期がぴったり合っているなあとご縁を感じて興味深く読ませていただいてました。
 しかし余りにもその時期が合いすぎて驚きます。実は5月人間ドッグで引っかかって、たぶん大丈夫だろうと言われていたものが7月初め悪性の腫瘍と判断されました。
 統合医療が素晴らしい、免疫力、自然治癒力をあげると病気にはかからないと思い努力もしてきましたが、見事に打ち砕かれ、頭で考えていたものは吹き飛び、恐怖心でおおわれて、より良い医師の判断を望みました。小さい腫瘍で経過観察を支持する医師もいますが、近くになくて、手術してみないと転移も分からないと聞き、癌センターのセカンドオピニオンやPETCTを受けました。今は転移がなければ、家庭の事情で癌センターではなく近くの病院で手術を受ける方向です。

 統合医療を世の中に広げることを自分の使命と決心して取り組み始めたところに「はい、実際にあなたが癌になりました。さあ、どうしますか?」と課題をもらってしまった感があります。
 そして小西先生の潜在意識、奇跡的治療、そして魂に踏み込んだお話。

 実際に自分が癌センターまで行って、いろんな経験をして人は精神と肉体、魂を持つ生き物だと痛感しました。ついこの間まで、どうにかして癌が消えないかとできる努力をしていましたが、こういう意識レベルでは消えないなあと気付いたところです。

 少し、というかかなり精神的にバランスが崩れているのでわかりにくい文になりました。お許しください。

  • #-
  • もあ
  • URL

2010.07.29 Thu 21:55  |  Re: タイトルなし

くみちゃん、講演会来てくれてありがとー

自分の取り巻かれている環境に漠然と感じている「違和感」はそれをブレークスルーする
ための「改革者」のエネルギーに通じるんだね。
だから、それを否定しないで大切にするということにぼくもしっくりときました。

まさに、それを感じた自分自身を信頼するということですね。

ありがとう。

  • #-
  • 小西 康弘
  • URL

2010.07.29 Thu 21:59  |  Re: タイトルなし

もあさん、書き込みありがとうございます。

もあさんの今感じておられるお気持ちとてもよくわかりますよ。
このような立場になった場合、本当に誰に「セカンドオピニオン」を聞くのがいいのか
困るところですね。
西洋医学は、西洋医学の範疇でしか「セカンドオピニオン」を出せないというところが
辛いですね。

私にお役にたてることがありましたらいつでも言ってくださいね。

  • #-
  • 小西 康弘
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://koniy.blog104.fc2.com/tb.php/142-ee3729c3
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

小西 康弘

Author:小西 康弘
京都大学医学部卒業。天理よろづ相談所病院などで内科全般を研修し、消化器内科を専門とする。内科専門医。

内科医として約20年病院勤務をしてきましたが、西洋医学の範疇だけでは、とても患者さんの肉体的問題に対して対応できないとその限界を痛感しています。
肉体的な問題の奥底には心理的、精神的な問題が隠れていることが少なくありません。表面に出てくる肉体的な問題は原因ではなく結果で在る事が多いのです。
トランスパーソナル心理学の各手法や、ヒーリング方を勉強中。
シーターヒーリング・プラクティショナー

このブログでは西洋医学だけでなく代替医療やその他の補完療法についての私の考え方や、いろいろな情報を書いていきたいと思います。


ツイッターでもつぶやいています。下のボタンをクリックして下さい。

個人セッションのお申込みはコチラ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

全記事表示リンク

ブログランキングにご協力ください

リンク

Copyright © 小西 康弘
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。