スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然治癒力と代替医療3

この文章は、「自然治癒力と代替療法」からの続きです。まずはこちらの文章を
お読みください。



前回は、奇跡的治癒を起こすうえでは、本人の「意思の力」というものの果たす
役割がとても大きいのだということを書きました。
代替医療を利用する上でも、そのことは十分に知っていた方がいいと思います。

たとえば、高血圧や糖尿病の人が、降圧剤や血糖降下剤を飲むときには、
「この薬を飲むことで血圧を下げよう」とか
「この薬は私の血糖を下げてくれる」などといったことは意識する必要は
ありません。それは、これらの西洋医学で用いられる薬は「肉体」という
レベルで作用するからです。以前のトピックではそのことを「粒子性が
高く、波動性が低い治療
」ということで説明を試みました。これらは
もちろん私の勝手な「作業仮説」ではありますが、それなりに西洋医学や
代替医療の位置づけが分かるのではないかと思っています。

一方、代替医療のなかで「波動療法」とか言われる分野は、粒子性が低く
波動性が高い療法であると位置づけられます。前回でも触れましたが、これ
らの治療はつまりは「肉体レベル」にではなく、「心や精神」あるいはもっと
高次のエネルギーレベルに作用するとされます。そういう特徴があるので、
これらの治療法を利用しようと思ったら、「意思の力」を有効に利用するほうが
効果が高いと思われるのです。

つまり、
ホメオパシーで「悲しみや怒りを開放するためのレメディー」を摂取する時
もちろん何も考えなくても「効果」はあると思いますが、

「自分の潜在意識の中に蓋をして抑圧されているこれらのネガティブな感情を
私はクリアーにしたい」
という「意思」をきっちりと持って利用されるのが良いと思うのです。
つまりは、自分の「意思の力」を、これらのレメディーの作用すると思われる
「ネガティブな感情」にフォーカスするということです。
そうすることで、レメディーの作用点が意識の中で具体的にイメージされるため
相乗効果がある可能性があると思います。もちろん、これを科学的に実証する
ことは出来ません。ですから、受け入れられない場合は無視していただいて結構
だと思います。


「意思の力」はそれを明確にするだけで、自然治癒力は高まります。自然治癒力
を高めるためには一番重要なポイントであると思います。ですから、自然治癒力
を高めるために、いろいろな「代替療法」が『必須』であるかと言うと、私は
そうではないと思っています。
ただ、なかなか自分ひとりだけで、「意思の力を強く持ちなさい」と言われても
困難な場合があります。何をどうやったらいいのかがわからないのです。
代替療法はそのためのサポートをしてくれるのだと思います。そして、この分野は
現在の西洋医学では、保険診療の制限下ではカバーできない部分なのです。



私は、こういった代替療法や心理学的なカウンセリングなどを用いて統合的に
患者さんにアプローチできるような医療が実現できれば良いと思っているのです。
そのためには、現在いろいろな分野で活躍されている専門家の人が、自分の
枠組みにとらわれることなく、お互いに協力し合うというネットワークの設立が
必要であると考えています。
私が、このブログを立ち上げたりツイッターで統合医療について呟いているのも
それが目的です。

ブログランキングにエントリーして
います。下の「ブログランキング」の
ボタンを一日一クリックにご協力
お願いします。








スポンサーサイト

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://koniy.blog104.fc2.com/tb.php/140-d6e6ac65
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

小西 康弘

Author:小西 康弘
京都大学医学部卒業。天理よろづ相談所病院などで内科全般を研修し、消化器内科を専門とする。内科専門医。

内科医として約20年病院勤務をしてきましたが、西洋医学の範疇だけでは、とても患者さんの肉体的問題に対して対応できないとその限界を痛感しています。
肉体的な問題の奥底には心理的、精神的な問題が隠れていることが少なくありません。表面に出てくる肉体的な問題は原因ではなく結果で在る事が多いのです。
トランスパーソナル心理学の各手法や、ヒーリング方を勉強中。
シーターヒーリング・プラクティショナー

このブログでは西洋医学だけでなく代替医療やその他の補完療法についての私の考え方や、いろいろな情報を書いていきたいと思います。


ツイッターでもつぶやいています。下のボタンをクリックして下さい。

個人セッションのお申込みはコチラ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

全記事表示リンク

ブログランキングにご協力ください

リンク

Copyright © 小西 康弘
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。