スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「奇跡的治癒」を謙虚に受け入れる



私たちの潜在意識の中には、自分自身でもとても思いもつかないような様々な「思い込み
(ビリーフ)」があって、私たちの精神(顕在意識)や肉体に影響を与えているのだという
ことは、実は心理学の分野ではずっと前から言われてきていることです。

生まれた瞬間から、外の世界とのかかわりの中で、私たちの心はいろいろな「制約」を
感じたり、また傷ついてきます。それを「インナーチャイルド」というのだということを
前回書きました。

西洋医学の世界では、あまりこのような「潜在意識と肉体との関係」に注目することは
ありませんでした。私たちの受けた医学教育でも「潜在意識」などという用語は用いられた
ことはありません。ましてや、それが肉体や病気に影響を及ぼすなどということは一般の
「医学的常識」では認められないということです。
「心療内科」という分野が本来はそのような専門分野であるのですが、現状はその役目を
十分に果たせているとは言えないような気がします。


しかし、一方ではそういうメンタルな面から自分自身を見つめ、気づき、心のありようが
変わることで「難病」であると言われている病気が「自然治癒する」報告も決して少なくは
ないのです。


バニー・シーゲルの書いた「奇跡的治癒とはなにか」という本にはそのような症例が書かれて
あります。

私たち医療者は、どうしてこのような現実があるということをもっと謙虚に受け入れることが
できないのでしょうか?
自分が実際に受けてきた医学教育の範囲にはおさまらないことであっても、それが事実で
あるという「実証」があるのにも関わらず、どうして無関心でいられるのでしょうか?

数々の「奇跡的治癒」の報告が、すべて「偽りである」とする明確な根拠を持っているとでも
言うのでしょうか?
あるいは、それはたまたま起こったことであり、科学的に検証する価値のないものであると
断言できる根拠があるのでしょうか?


西洋医学の常識で、「不治」とされた患者さんが”どのような方法で”「奇跡的治癒」を
達成したかは重要ではありません。ましてやその患者さんの取られた方法に科学的な根拠が
あるかどうかも重要ではありません。

巷には、「代替療法」が科学的にエビデンスがあるかどうかで喧々ガクガクの『議論』が
もっともらしく行われていることがありますが、私にはそれはあまり重要なことであるとは
思えません。

それよりも、患者さんが、どのような方法を用いたのであれ、西洋医学では通常治らないと
思われた状態から生還してこられたという事実のみが意味を持つのだと私は思います。

たとえ、100人の患者さんのうち1人しか「奇跡的治癒」をなし得ないとしても、それは
「たまたま」として無視するのではなく、100人の誰もがその1人になりうる可能性が
あるのだということです。
今の医学は、この99人の「平均的予後」に意識が向けられすぎており、「奇跡的治癒」
を達成した1人には向けられていません。しかし、これからの医療で大切なのはこの1人の
『例外的な患者』がどうして治ったのかを究明することだと思います。

今までも科学を大きく進展させた「大発見」は、「例外的事実」を無視しないで究明した
ところから起こってきたということを私たちは忘れてはいけないと思います。


そして、この「奇跡的治癒」の起こった「例外的患者」の潜在意識の変容が重要なポイント
であると私は思います。
潜在意識のありようが変われば、「奇跡的治癒」は例外的でなく起こりうるのだと思います。

ブログランキングにエントリーして
います。下の「ブログランキング」の
ボタンを一日一クリックにご協力
お願いします。






スポンサーサイト

Comment

2010.07.12 Mon 09:45  |  思い込みの力

こんにちは。阿空の母は84歳のときに半身まひになりました。

でも、在宅1か月でまひを克服して、今ではまったくまひが残っていません。

認知症の母は、「いうんええきう」と言って、まひがあっても自分でトイレに通っていました。車いすから落ちてブチだらけになったこともありますが、「あいおうう」とやり遂げたのです。

阿空は、「母の回復は思い込みの力ではないのか」と思っています。思い込みは「内的資源」なのではないでしょうか。

今日のお話は、阿空には「ビンゴ!」^^でした♪感謝です。

2010.07.14 Wed 11:15  |  

西洋医学ではまだまだ明らかにされていませんが、意思のちからは
とても大きいのだと感じています。
ありがとうございました。

  • #-
  • 小西 康弘
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://koniy.blog104.fc2.com/tb.php/136-9e36865e
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

小西 康弘

Author:小西 康弘
京都大学医学部卒業。天理よろづ相談所病院などで内科全般を研修し、消化器内科を専門とする。内科専門医。

内科医として約20年病院勤務をしてきましたが、西洋医学の範疇だけでは、とても患者さんの肉体的問題に対して対応できないとその限界を痛感しています。
肉体的な問題の奥底には心理的、精神的な問題が隠れていることが少なくありません。表面に出てくる肉体的な問題は原因ではなく結果で在る事が多いのです。
トランスパーソナル心理学の各手法や、ヒーリング方を勉強中。
シーターヒーリング・プラクティショナー

このブログでは西洋医学だけでなく代替医療やその他の補完療法についての私の考え方や、いろいろな情報を書いていきたいと思います。


ツイッターでもつぶやいています。下のボタンをクリックして下さい。

個人セッションのお申込みはコチラ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

全記事表示リンク

ブログランキングにご協力ください

リンク

Copyright © 小西 康弘
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。