スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「だれも自分のことを分かってくれない」

先日、ある方のセッションをしていた時のことです。セッションが進むにつれて、私も
気がついたことがあったので、クライアントさんの了承を得て、プライバシーの保守に
問題がない範囲で書いてみたいと思います。


その方は、仕事上いろいろとうまくいかないことがあり、最近「ふらつきなどの症状」
のために会社の勤務が難しくなってきたということで、私のセッションき来られました。

最初いろいろその方の取り巻かれている「状況」についてお聞きして、セッションを
進めている時、共通する「思い込み」が原因ではないかと気づいたのです。

その方は、体調が悪いということで来られたわけですが、話をうかがっている間に仕事上
や家庭において、「自分はこれだけ一所懸命がんばっているのに誰も自分のことを
分かってくれない」という『パターン』があるように感じました。それで、体調だけに
フォーカスするのではなく、仕事上や家庭で自分が無意識の間に繰り返しているパターン
に焦点を移すにつ入れて、ご本人さんにも「はっ」とするような気づきが芽生えました。


「自分ではこれだけ努力をして頑張っている」という自分自身に対する自分の評価

「周りの人は、自分のことをこれだけしか評価してくれない、理解してくれない」という
自分に対する他人の評価
との間に大きなギャップがあるということに気がつかれ、それが体調不良の「原因」に
なっている可能性があるということに気づかれたのです。

そのことについてセッションを始め、話をしているときに、私自身がふっと気がついた
ことがありました。

この「自分自身に対する自分の評価」を、ふつうは「自己評価」と言われます。
そして、他人が「自己評価」程に評価してくれない時に、そのギャップに悩みます。

ところが、その時の頭に浮かんだのは、本当の「自己評価」というのは、「他人が自分の
ことをこれだけしか評価してくれない」というほうなのではないか?

つまり、表面的には自分自身を高く評価している(「これだけ一所懸命がんばっている」)
ように思えても、潜在意識では自分自身を高く評価出来ていない場合、周りの状況に対して
「他人は自分のことを正しく評価してくれない」という捉え方になるということです。

つまり、「自分自身に対する他人の評価」は「潜在意識での本当の『自己評価』を反映する
のではないかということです。
自分が潜在意識のレベルでどのように評価しているかということは、自分が自分のことを
どのように思っているかということではなく、他人が自分のことをどう評価しているか
ということを見ないといけないということです。

自分自身の自己評価と他人の評価とのギャップは、実は顕在意識での自己評価と潜在意識
での自己評価とのギャップであるということなのです。
表面的には、自分のことをとても努力家で「こんなに頑張っている」と思っていても、
その根底に「自分のことを本当に評価することができない」でいると、このような評価の
ギャップに悩むことがあるということですね。

逆に、このようなギャップを感じる場合は、表面的には自己評価が高いと思っていても
潜在意識レベルでは、自己評価が低い可能性があるということを暗に教えてくれていると
いうふうに言うこともできます。




クライアントさんに説明しながら、そのことに気づき、それからのセッションがとても
深まったように感じます。セッションではこのように、私自身が教えられることが実に
多いのです。まさにクライアントさんを通じていろいろと勉強させていただいているという
感じです。



スポンサーサイト

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://koniy.blog104.fc2.com/tb.php/123-b89d3da1
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

小西 康弘

Author:小西 康弘
京都大学医学部卒業。天理よろづ相談所病院などで内科全般を研修し、消化器内科を専門とする。内科専門医。

内科医として約20年病院勤務をしてきましたが、西洋医学の範疇だけでは、とても患者さんの肉体的問題に対して対応できないとその限界を痛感しています。
肉体的な問題の奥底には心理的、精神的な問題が隠れていることが少なくありません。表面に出てくる肉体的な問題は原因ではなく結果で在る事が多いのです。
トランスパーソナル心理学の各手法や、ヒーリング方を勉強中。
シーターヒーリング・プラクティショナー

このブログでは西洋医学だけでなく代替医療やその他の補完療法についての私の考え方や、いろいろな情報を書いていきたいと思います。


ツイッターでもつぶやいています。下のボタンをクリックして下さい。

個人セッションのお申込みはコチラ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

全記事表示リンク

ブログランキングにご協力ください

リンク

Copyright © 小西 康弘
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。