スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとお恥ずかしいコンビニでの話

昨日、定例の往診を終えてクリニックに帰る途中でのことです。
暑かったので、久しぶりにアイスクリームを食べたいと思い県道沿いのコンビニに
立ち寄りました。

アイスクリームを持って、レジで清算をしようとして私はクレジットカードを
カウンターの中の店員さんに渡しました。たかがアイスクリーム一つにクレジット
カードなんて大層なと思われるかもしれませんが、ロー○ンのクレジットカードで
ポイントが付くうえに、マイルもたまるので、可能な限りカードで清算するように
しているのです。買い物で「マイル」をためる人のことを「陸マイラー」というの
だそうです。

そんなことはさておき、そのカウンターの中の店員さんは60歳は越えたような年配
のかたで、レジのうち方もややぎこちない感じでした。それが、カードで精算という
ことになって、ちょっと焦っている様子がうかがえました。なかなかカードで支払う
人はそんなに多くはないのかもしれません。

最初は、のんきに構えていたのですが、いつまでも手間取っていて、1個しか買って
いないアイスクリームをだぶってうちこんで2個分の値段になったり、何度カードを
通してもアラームが鳴ったりと、いつまでももたついていたのです。

まあ、とってもたわいもないことなのですが、5分もそういう状態が続いていると
私の胃のあたりになんだか、もやもやとした感覚が込み上げてきました。ちょっと
ネガティブな感覚です。
「わからないなら、もっと早く人に聞けばいいのに」とか
「何度もアラームが鳴るのだから、同じことをしても仕方がないのに」とか。。。

今までの私ならばそういった「ネガティブな感情」は感じることなく、抑え込んで
「良い子ちゃん」であり続けたのですが、さすがにいろいろな勉強をしてきたので
これを味わってみようと思いました。コンビニのカウンターの前でそんなことを考え
出すのですから、かなり変ですね。
とりあえずは、カードで精算することはあきらめて、現金で支払いを済ませ、車に
戻り、今出てきた感覚を改めて味わうことにしました。


最初に感じたのは、

「仕事にまごつくことに対する怒り」

みたいなものでした。それをしばらくみつめていると、

「仕事は完璧でなければならない」
「プロは失敗してはいけない」


という感じの「観念(思い込み)」を感じ始めました。
確かに、私はホテルのレストランなどでサービスを受けるときに、
「プロだったらもっとちゃんとしろよ」みたいな感情を感じることが多い
のです。「プロはお金をもらってサービスを提供しているのだから、それに
ふさわしいサービスを提供できるように努力しなければならない」みたいな
感じです。

さらに、深いところのもやもやを感じようとすると、

「完璧でないと価値がない」

という「観念(思い込み)」に至ったのです。



最初は、コンビニのちょっと手慣れない店員さんに感じた漠然としたもやもや感
でしたが、それを味わっていくととんでもない観念に行きあたったのです。
そして、もっとも重要なことは、最初は他人に対して感じていた感情も、その根本
は結局は自分自身に対して感じている「観念(思い込み)」であるということです。
他人はそれを見せてくれている「鏡」でしかないということです。


この「完璧でないと価値がない」は私にとっては初めての観念ではなく、今までにも
何度も手放してきたものです。そして、そのさらに奥にどのような「信念」がある
のかもわかっています。もちろん、それを初めて感じた時よりも大分と軽くはなって
いるのですが、まさに玉ねぎの皮むきで「一皮一皮剥がれていく」感じです。

そのことに、気づいていればあれこれと思い悩むことなく「淡々と薄皮むきをすれば
良い」のです。


ブログランキングにエントリーして
います。下の「ブログランキング」の
ボタンを一日一クリックにご協力
お願いします。






スポンサーサイト

Comment

2010.06.24 Thu 12:26  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • #

2010.06.25 Fri 09:46  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • #

2010.06.25 Fri 11:28  |  Re: 深く納得

コメントありがとうございます。
その感情に振り回されず、ちゃんと距離を開けて感じられているのですね。
それが、巻き込まれないためにとっても大切ですね。
これからもよろしくお願いします。

  • #-
  • 小西 康弘
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://koniy.blog104.fc2.com/tb.php/120-d4e4768f
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

小西 康弘

Author:小西 康弘
京都大学医学部卒業。天理よろづ相談所病院などで内科全般を研修し、消化器内科を専門とする。内科専門医。

内科医として約20年病院勤務をしてきましたが、西洋医学の範疇だけでは、とても患者さんの肉体的問題に対して対応できないとその限界を痛感しています。
肉体的な問題の奥底には心理的、精神的な問題が隠れていることが少なくありません。表面に出てくる肉体的な問題は原因ではなく結果で在る事が多いのです。
トランスパーソナル心理学の各手法や、ヒーリング方を勉強中。
シーターヒーリング・プラクティショナー

このブログでは西洋医学だけでなく代替医療やその他の補完療法についての私の考え方や、いろいろな情報を書いていきたいと思います。


ツイッターでもつぶやいています。下のボタンをクリックして下さい。

個人セッションのお申込みはコチラ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

全記事表示リンク

ブログランキングにご協力ください

リンク

Copyright © 小西 康弘
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。