スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セラピストの見極め方

先日までの書き込みについて、いくつかとても貴重な御意見をいただきました。


自分自身の潜在意識の中にある思い込みこそが、自分の身体に起こっている状況の原因で
あることはわかったけれど、それじゃあどうしたらそれを手放すことが出来るのか?

クライアントさんをありのままで受け入れてくれ寄り添ってくれるセラピストこそが、
「気づき」と「変容」を与えてくれるということはわかったけれど、そんなセラピストは
どこにいるのか?


ごもっともです。

私たちはみんな、思い込みがあるとは分かっていても、それを手放せないから苦しんでいる
のですし、それをサポートしてくれるセラピストさんを簡単に見つけることが出来れば
苦労はしません。

しょせん、私の書いていることはそれだけで終われば「机上の空論」になってしまいます。

私が「統合医療のセンター」を作りたいと思っているのは、そういう情報をきっちりと信頼
出来る形でみなさんに共有できるようにしたいということも大きな理由です。
しかし、センターが出来るまで待ってもいられません。

そこで、私が思いつく「セラピストを見分ける方法」みたいなのを考えてみました。

大事なのはそのセラピストさんがどのような手技や手法を用いられるかということではありま
せん。そのセラピストさんの「あり方 Being」が一番大切なのです。それさえきっちりと
見分けることができれば、そのセラピストさんはクライアントさんの気づきと変容をサポート
して下さるのだと思います。



�今まで自分が受けてきた治療を否定しないで受け入れてくれるかどうか
最初にセラピストさんのところに行って、今までの経過を話すときにそれを受け入れてくれるか
はとても大事なポイントだと思います。場合によれば、自分の話を聞いてくれる前に、こうしなさい
ああしなさい、と「施術や治療」を押しつけてこられる場合は、そういうセラピストさんは避けた
ほうがいいでしょう。

�「絶対に治る」「私が治してあげる」と言わない 
治す力がクライアントさん自身にあるということが分かっている人は、絶対にこういうことは
いいません。
「治るのも治らないのも、クライアントさん自身です」といってくれる人は信用できるで
しょう。一見冷たいように聞こえるかもしれませんがそれが本当のことなのです。そのような
セラピストさんは「依存」を作りにくいと思います。


�クライアントを自分に「依存」させようとしていないかどうか
�とも関連しますが、何度か施術をするうちにそのことは雰囲気で分かってくると思います。
機会があれば、「どれくらい続ければいいのか?」について聞いてみるのもいいかも知れま
せん。


�他の治療法の併用を認めてくれるかどうか
クライアントさんにとっては一日でも早く回復したいのですから、他の療法との併用も
認めてくれるようなセラピストを探すのがいいと思います。あくまで、クライアントさんの
意思を尊重してくれるかどうかが大切だと思います。



�ジャッジがないかどうか
他とも密接に関連しますが、一方的に決め付けが多い人は信用しないほうがいいかもしれま
せん。自信満々に見えるかもしれませんが、他の人の悪口を言うというのは、自信がない
ことの裏返しであることが多いのです。本当の自分のやり方に自信を持ている人は他の人の
悪口は言いません。


�やたらといろいろな「もの」を効果があるからと言って売りつけてこないか
施術料が、通常の料金と比較して高すぎないかどうか

この世界は一見高いほうが効果も高いような印象があるかもしれませんが、それでも常識的な
線があります。もちろん、経験や技能によって人により価格が違うのは当然ですが、程度が
あると思います。良心的な人は、驚くような値段は付けていないのが一般的であると思い
ます。


�クライアントとセラピストとしての「適正な距離」を保てているか?
親切すぎる、介入しすぎるのもそのセラピストが癒されていない証拠

自分のことを親身になって心配してくれると、「いい人だ」と思ってしまいますが、本当の
セラピストさんはクライアントさんとの距離をきっちりと保つということをわかっています。
やたらとプライベートな部分にまで関与してくる場合は気をつけたほうがいいと思います。


大体私の経験で思い浮かぶことを書いてみました。もちろん、一つだけ当てはまるからと言って
即座にそのセラピストさんが信用できないというわけではありません。総合的に判断しないと
いけないとおもいます。
セラピストさんを選んで取り組むのは自分自身であり、その責任は自分にあるということを
意識して素晴らしいセラピストさんに出会っていただければと思います。



ツイッターと連動させることが出来ました。御意見を呟いてみてください。


ブログランキングにエントリーして
います。下の「ブログランキング」の
ボタンを一日一クリックにご協力
お願いします。


スポンサーサイト

Comment

2010.06.03 Thu 19:55  |  こんばんは

ブログの内容に共感いたします。

私たちの仕事は、あくまでクライエントさんの自立のサポート。
専門家である自負は持っておく事は大切ですが、それが
暴走しないように心がけたいと思っています。

安心して選んでいただける専門家で入れるよう精進が必要だと
感じます。

  • #-
  • 衣川竜也
  • URL

2010.06.04 Fri 21:53  |  Re: こんばんは

丁寧なお返事ありがとうございました。
これからは、どうどうと心を語れる時代になっていけばいいですね。

こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします。

  • #-
  • 小西康弘
  • URL

2010.06.04 Fri 22:55  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • #

2010.06.08 Tue 16:48  |  Re: お久しぶりです

ブログ拝見しました。
非常に共感できる点がたくさんあります。
ぜひとも近い将来は先生ともコラボで何かできるといいなぁ

これからもよろしく。

  • #-
  • 小西 康弘
  • URL

2010.06.08 Tue 16:50  |  Re: こんばんは

クライアントさんの立場から見れば、セラピストやカウンセラーのどこを見て
どのように判断していいのかが全く分からないのだと思います。
そこらへんはもっとクリアーにならないといけませんね。

こちらこそこれからもよろしくお願いいたします。

  • #-
  • 小西 康弘
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://koniy.blog104.fc2.com/tb.php/102-8c60c169
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

小西 康弘

Author:小西 康弘
京都大学医学部卒業。天理よろづ相談所病院などで内科全般を研修し、消化器内科を専門とする。内科専門医。

内科医として約20年病院勤務をしてきましたが、西洋医学の範疇だけでは、とても患者さんの肉体的問題に対して対応できないとその限界を痛感しています。
肉体的な問題の奥底には心理的、精神的な問題が隠れていることが少なくありません。表面に出てくる肉体的な問題は原因ではなく結果で在る事が多いのです。
トランスパーソナル心理学の各手法や、ヒーリング方を勉強中。
シーターヒーリング・プラクティショナー

このブログでは西洋医学だけでなく代替医療やその他の補完療法についての私の考え方や、いろいろな情報を書いていきたいと思います。


ツイッターでもつぶやいています。下のボタンをクリックして下さい。

個人セッションのお申込みはコチラ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

全記事表示リンク

ブログランキングにご協力ください

リンク

Copyright © 小西 康弘
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。