スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイズの自然治癒について

「エイズ 予防と治療の新知識」
この本は、ノーマンシーリーという全米ホリスティック医学会を創始した神経外科医と、キャロライン・メイスというヒーラー(医学透視家)とがエイズについての統合的治療を実践した記録です。

二人は20年来協力し合って、患者さんのもつ問題点をスキャニングし解決に至る「変容への道」のサポートをしてきました。基本的には医療者側が治療するのではなく、患者さんが自らの気付きを通じて自分自身を癒していくという過程が重要です。この本では、エイズに絞ってその経過をわかりやすくまとめられています。

この本の中では、肉体に発現する「病」がその根源に、感情・心理学的な原因を有し、身体的治療(現代医療と言い換えても良いと思います。)だけでは限界のあるのに対して、精神的・霊的なサポートを行うことで、現実にエイズが自然治癒した症例が報告されています。


キャロライン・メイスには「7つのチャクラ」という世界的に有名な著書があります。チャクラというのはヨガをされている方はよく耳にされるかもしれません。人間の肉体の中にある「エネルギー・センター」であるとされます。
「チャクラ」というものが本当の存在するのかについては、現代科学では証明されていませんが、そのことはおくとして、この本の中では、それぞれのチャクラに特徴的な「テーマ」が書かれています。
そのなかで、第1チャクラから第3チャクラは「下位のチャクラ」とも言われ、私たちが肉体を持ち現実で生きていくうえでのさまざまな「課題」に関連付けて述べられているのです。

私たちが、普段生活していくうえで一番大きな「人間関係」という課題も、「血族」「家族」「パートナーシップ」「仕事仲間」などなどさまざまです。仕事や金銭に関連する課題も広い意味では「人間関係」に関係すると言っても良いかも知れません。そして、これらはじつは「下位のチャクラ」の状態を反映しているとキャロライン・メイスは書いています。


カウンセリングをさせていただいていると、「人間関係」がどうもうまくいかないという「課題」をもって来られたクライアントさんとその「根っこ」の部分を掘り下げていくと、そのクライアントさんが幼いときの両親との関係が実は大きく影響を与えていたと言うことがあります。
この幼いときに傷ついた状態のままで持ち越されてきた部分を「インナーチャイルド」と表現されることがありますが、実はこの「インナーチャイルド」も「下位のチャクラ」と深い関係があるということなのです。



今までの現代医療は、どちらかというとこういう「目に見えない部分」を扱うことがありませんでした。「科学」というまな板の上に乗らないものには目をつぶってきたと言っても良いかも知れません。そして、それではやはり限界があって、心や精神や魂やスピリットといった部分を無視しては、問題(「人間関係」や「病気」など)の根本的な解決は出来ないと言うことなのです。

これからは、ノーマンシーリーやキャロライン・メイスという突出した個別の先駆者の力によらなくても、「システム」としてちゃんと安定した治療・治癒効果を出せる医療・ヒーリングシステムがこれからは必要となってくるのではないでしょうか。
自分のしたい統合医療というのはまさにこんな感じです。




著者には別に「健康の創造―心と体をよい関係にするために 」という著書もあり、エイズ以外のたくさんの慢性疾患が取り扱われています。

スポンサーサイト

プロフィール

小西 康弘

Author:小西 康弘
京都大学医学部卒業。天理よろづ相談所病院などで内科全般を研修し、消化器内科を専門とする。内科専門医。

内科医として約20年病院勤務をしてきましたが、西洋医学の範疇だけでは、とても患者さんの肉体的問題に対して対応できないとその限界を痛感しています。
肉体的な問題の奥底には心理的、精神的な問題が隠れていることが少なくありません。表面に出てくる肉体的な問題は原因ではなく結果で在る事が多いのです。
トランスパーソナル心理学の各手法や、ヒーリング方を勉強中。
シーターヒーリング・プラクティショナー

このブログでは西洋医学だけでなく代替医療やその他の補完療法についての私の考え方や、いろいろな情報を書いていきたいと思います。


ツイッターでもつぶやいています。下のボタンをクリックして下さい。

個人セッションのお申込みはコチラ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

全記事表示リンク

ブログランキングにご協力ください

リンク

Copyright © 小西 康弘
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。