スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いただいたコメントに対するお返事

前回のトピックに対していただいたコメントに対して、私の思うところを書かせていただきます。
いただいたコメントは以下の通りです。

代替療法が真に効くなら矛盾が成立しますが、
“実際に効果があると判定された”代替医療は無い現状で
矛盾がどうのと議論する意味を感じないのですが・・・
そこのところはどのようにお考えでしょうか?



ここで、はっきりとさせないといけない点があると思います。それは、何を持って『効果がある』
と判定するかと言う点です。その点ををはっきりさせないままにお互いの意見を述べても、議論が
全く噛み合わないと思うのです。

コメントをいただいた方の
「効果があると判定された」とされる定義は、恐らく「科学的に証明された」という
ことではないかと思います。


現代科学、現代医療での効果判定は、「比較試験」と言うもので行われます。
つまり、aという治療法が有効か有効でないかを判定するためには、2つのグループを
デザインして一つのグループにはaと言う治療法を含み、もう一方のグループにはaと言う
治療法を含まないようにデザインします。そして、それ以外の条件は同じにする必要が
あります。
*ここで、「それ以外の条件を同じにする」ということについて、実はそれほど簡単では
ありません。そのことは、またトピックに取り上げたいと思います。



試験をする側(試験者)と試験を受ける側(被験者)がともに、被験者がどちらのグループに
入っているかと言う情報を知らない場合を「二重盲検法」といい、現在の「比較試験」の
なかでもっとも信頼性が高いと言われています。被験者だけでなく試験者も、どちらの
グループの試験をしているかと言う情報を持たないことで、より客観的な評価ができる
という考え方です。
(この二重盲検比較試験にはそれなりに欠点もあるのですがそれはここでは触れないことに
します)

つまりある代替療法の有効性を証明しようとする場合、例えば、ホメオパシーのレメディーの
有効性を示そうとすると、ある症状を持っている人を数十人集めて来て二つのグループに分け、
一方には本当のレメディーを、もう一方にはただの砂糖粒を投与して、それぞれのグループの
症状の改善の程度や効果が出るまでの期間などを比べるということです。

質問いただいた方のご意見は、現時点で客観的に証明された「代替療法」はないという
ご意見であろうと思います。ご指摘の点はとても重要なことで、今後そういう厳密な臨床比較
試験をしていかないといけないというのがぼくの意見です。

*ここで、代替療法での『治療効果』というものが、西洋医学で考えるほど簡単ではないという
ことについてもまた別のトピックで触れたいと思います。



実際は、現時点ではまだまだそのような「臨床比較試験」ができるだけの地盤が整っていないと
言うのが現状だと思います。
西洋医学でも、新しい治療法が出てきた場合いきなり「臨床比較試験」が行われるわけでは
ありません。
まずは、第一段階として客観的に記載された「臨床報告例」が集積されていくことが必要に
なります。新しい治療を報告される場合は、学会や医学雑誌などで「症例報告」というものが
されます。そこでは、いろいろな有効・無効の評価や議論が交わされるのです。
そして、徐々にその治療の有効性が、臨床現場で認められていき報告が増えていくにつれて、
つぎに客観的な評価が必要になると言うことで、次の段階として「臨床比較試験」がデザイン
されると言う経過を取ります。

代替療法ではまだまだ、科学的な視点でなされた「きっちりとした症例報告」が少ないのでは
ないかと思います。確かに、個別的には「末期の癌が治った」という報告はありますが、やはり
学会誌に報告できる程度の客観性と持っての報告は少ないのではないかと思います。
こういう状態ではいつまでたっても、「ただ偶然に治っただけだろう」という評価から脱皮
することができないのではないかと思います。

これは、これからの代替療法全般が取り組んでいくテーマであろうと思います。
私は、このような「代替療法の治療効果の判定」が、一定の主義主張を持つ人たちの意見に
左右されない、中立で客観的な立場で行われるためにも、「統合医療センター」の設立が急務
であると思って活動しているのです。


一方、このような客観的な「成績」がないからと言う理由で、これらの代替療法の有効性を
否定することは出来ないことは明らかです。

きっちりとした報告にはなっていないけれど、末期癌で病院から見離された人でさまざまな
取り組みで克服された「生き証人」は決して少なくないと言う事実を無視することは出来ないと
思います。それが、実際に「代替療法の効果」であったのかどうかは、その次に解明される別の
問題であると思います。
つまり、代替療法の効果の中にはかなりの部分「プラシーボ効果」という「患者さんの意識の
問題」
が大きいと考えられるからです。

ディーパック・チョプラ博士の報告によると、「代替補完療法」の効果はその療法の種類に
関係がないということです。つまり、どのような「療法」をしたということに関係なく、ある
一定の人が有効な効果を認めたと言うことです。ここに、意識の問題が大きくクローズアップ
されてくると思います。

どのような代替補完療法であっても、西洋医学であっても要はそれを用いる患者さんが良く
ならなければ意味がありません。
つまり、代替療法を評価するとすれば、「比較試験」その有効性が「証明された」かどうか
ではなく、それが実際に患者さんに対して有効であったかどうかを「エンド・ポイント
(評価の基準)」にしなければいけないのではないかと思います。


今回は、前にトピックにいただいてコメントに対しての、私の考えという形で、「代替療法の
評価」について考察しました。文中で触れたように、その評価には西洋医学と違う別の意味での
困難点があります。それについては、また別のトピックで取り上げて行きたいと思っています。


また、皆様のいろいろなご意見をお聞かせ下さい




ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のボタンのクリックに
ご協力お願いします。

スポンサーサイト

プロフィール

小西 康弘

Author:小西 康弘
京都大学医学部卒業。天理よろづ相談所病院などで内科全般を研修し、消化器内科を専門とする。内科専門医。

内科医として約20年病院勤務をしてきましたが、西洋医学の範疇だけでは、とても患者さんの肉体的問題に対して対応できないとその限界を痛感しています。
肉体的な問題の奥底には心理的、精神的な問題が隠れていることが少なくありません。表面に出てくる肉体的な問題は原因ではなく結果で在る事が多いのです。
トランスパーソナル心理学の各手法や、ヒーリング方を勉強中。
シーターヒーリング・プラクティショナー

このブログでは西洋医学だけでなく代替医療やその他の補完療法についての私の考え方や、いろいろな情報を書いていきたいと思います。


ツイッターでもつぶやいています。下のボタンをクリックして下さい。

個人セッションのお申込みはコチラ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

全記事表示リンク

ブログランキングにご協力ください

リンク

Copyright © 小西 康弘
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。