スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「対症療法」

東洋医学や代替医療などの勉強をしていると、「自然治癒力」という言葉が良く出てきます。身体が本来もっている、自分で治す力をサポートしていこうと言う考え方です。症状そのものに対して治療するのではなく、自分自身の病気を治す力を高めるための治療を行います。
それに対して、現代医学、西洋医学はどちらかというと出てきた症状に対する治療を行います。これは「対症療法」と呼ばれます。

一番わかりやすい例は、発熱が見られたら解熱剤を処方し、感冒症状があれば感冒薬を処方して「治療」します。本当は、症状を抑えているだけで、体の自然治癒力を引き出しているわけでも、根本原因に対する治療をしているわけではありません。

感冒と言うのは、ウイルス感染症なわけですがウイルスの感染を治療する薬と言うのは、(一部の例外を除いては)ないのです。感冒薬と言うのはウイルスを駆除しているのではなく、単に症状を抑えるだけの薬なのです。


代替医療では、身体に現れる症状は、全身のバランスが乱れたときに現れるものであると説明されます。ですから、治療方法としては、崩れたバランスを元に戻すことによって「自然治癒力」を高めることが重要になります。自然治癒力がもとの状態になれば、病気は自然と治るというわけです。

例えば、熱が出るのは、そのことによって体のバランスをとろうとする「体にとって必要なこと」である、と考えるのでむやみに発熱を抑えてしまうことはしません。薬の投与でその発熱を抑えてしまうことは、『治癒』を遅らせることになると言う考え方です。

私はその考え方自体はとても優れたもので、間違ってはいないと思います。ただ、38-9度の発熱で受診されて、うんうんうなっている患者さんに対して、「これは身体が必要としていることだから、様子を見ましょうね」と言うのは、かなり勇気の要ることです。また、その言葉の意味を本当に理解してくださる患者さんも少ないのではないかと思います。
きっと、「あそこのお医者さんは、熱が出て行ったのに、何もしてくれなかった」という評判があっという間に立つでしょうね。

ここに、「統合医療」を広めていく上での難しさのひとつがあると思います。

高熱で、しんどくてうんうんうなっている患者さんに対しては一時的にでも解熱剤を使ってあげる。それほどの高熱でもなくて、食事をちゃんと取れているようなら余計な薬は出さないで様子をみる。そのときに、ちゃんと患者さんの意思を確認して行う。
そのことが大切じゃないかと思います。つまりは、西洋医学と東洋医学・代替医療との間のちょうどいいところをバランスよく取り入れると言うことが重要ですね。


医療者側の「主義・主張」で患者さんを振り回すようなことだけはしたくないと思います。


スポンサーサイト

プロフィール

小西 康弘

Author:小西 康弘
京都大学医学部卒業。天理よろづ相談所病院などで内科全般を研修し、消化器内科を専門とする。内科専門医。

内科医として約20年病院勤務をしてきましたが、西洋医学の範疇だけでは、とても患者さんの肉体的問題に対して対応できないとその限界を痛感しています。
肉体的な問題の奥底には心理的、精神的な問題が隠れていることが少なくありません。表面に出てくる肉体的な問題は原因ではなく結果で在る事が多いのです。
トランスパーソナル心理学の各手法や、ヒーリング方を勉強中。
シーターヒーリング・プラクティショナー

このブログでは西洋医学だけでなく代替医療やその他の補完療法についての私の考え方や、いろいろな情報を書いていきたいと思います。


ツイッターでもつぶやいています。下のボタンをクリックして下さい。

個人セッションのお申込みはコチラ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

全記事表示リンク

ブログランキングにご協力ください

リンク

Copyright © 小西 康弘
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。